リフレクソロジーを受ける時に知っておきたいこと

リフレクソロジーを受ける時に知っておきたいこと

子の足

あなたはどんな時にリフレクソロジーを受けたいと思いますか?

*疲れているとき

*病院に行くほどではないけれど、体調がすぐれないとき

*リラックスしたい時

いろいろあると思います。

受けるときに、どんな事に気をつけたらいいのでしょうか?

☆心がけ編〜準備するもの

お店に行かれる場合は、特に必要ありません。
出張で来てもらう場合、タオル等の準備があるかもしれません(施術者によるので、確認してください)。
足は膝上まで揉みますので、楽になれる服装で行きましょう。 また、ショートパンツなどの着替えを用意する店もあります。

※こんな時はリフレクソロジーの施術を控えましょう

(ここに挙げているのは一般的な場合です。不明な時は各サロンに問い合わせてください)

●食事のすぐあと

食後は食べたものを消化しようと胃に血液が集中しています。この時に足もみを行うと、血流の流れがよくなるため、消化不良を起こすことがあります。
できるだけ、45分〜1時間は間隔をあけるようにしましょう

●飲酒したあと

足もみを行うと血液循環が良くなるため、アルコール分の周りが良くなり、体調に悪影響を与えてしまう場合があります

●本当に具合が悪いとき

血液循環が良くなるため、熱があるときやかなり体がだるいときは、かえって熱が高くなったりだるさが増すなどの症状が出る場合があります。

●妊娠初期の方、流産の経験がある方

足には子宮や卵巣に影響のある反射区があります。
 安定期に入るまで足もみは控えた方がいいでしょう

●血圧が不安定なとき

血液循環が良くなるため、普段から薬を服用している方や、極度の低血圧の時は控えましょう。

●リンパの炎症障害を起こしている方

リンパ腺が腫れているときは、治まるまで控えましょう

●重度の病気で通院している方

糖尿病や血栓症、癌、胆石、腎臓結石、精神的な病気の方の場合。

※患者さんや家族の方とよく話し合った上で施術を行う場合は、細心の注意をはらいましょう


☆リフレクソロジーを受けたあとは

●飲酒をしない…血流の流れが良くなるため、いつも以上に酔いが回ります

●常温の水or白湯、ハーブティーなどで水分を補給する(なるべく500ml以上)…老廃物の排出が高まります

●あまり活発に出歩かず、できるだけ家でのんびりと過ごす

●過度の運動を控える


☆施術側の心得(自分で行う場合もあてはまります)

●爪は必ず短くすること

リフレクソロジーは指の腹を多く使います。爪が長いと施術の際に皮膚に食い込み傷をつけたり、痛みを与えてしまうことがあります。短くする際も、爪切りではなく、できるだけ爪磨きを使って短くするようにしましょう

●楽な服装で行う

体を締め付けるような服装ではなく、ゆったりとした気持ちで受けられる部屋着などで行いましょう

●手足を清潔に

自宅で行う場合はお風呂上がりが理想的です。サロンの場合は足浴(フットバス)したりあたたかいおしぼりで足を拭くなど、清潔に施術するよう心がけましょう

●クリーム・パウダー・オイルなどを用意する

皮膚に直接触れるよりも、こうしたものがあると、手のすべりが良くなるほか、足もみもしやすくなります。西洋式ではオイルやパウダー、東洋式ではクリームを使う場合が多いようです

●装飾品は外すこと

肌を傷つけることがありますので、指輪やブレスレットははずします。アクセサリーがオイルやクリームで汚れるのも防ぎます

●リラックスするムードをつくる

照明をおとす、好きなアロマキャンドルやお香を焚いたり、ヒーリングミュージックをかけるなど、心身に働きかける作用を広げるとさらに気持ちよく足もみが受けられます

●足もみの前にウォームUPを

施術側の手が冷たくないよう、必ず温めてから施術すること。また、足もいきなり反射区を揉むのではなく、足全体を軽く揉んだりさすったり、ウォームUPすることでさらに効果が高まります